所長ブログ

2011.08.11更新

葛飾区で会社設立のサポートをしております。
税理士の大田原です。

今日は、組織論の話をさせて頂きます。

従業員に対する給料はいくらにしたら良いでしょうか?
昇給については、行った方が良いでしょうか?
など、給料についての悩みは尽きません。

実際、初任給の設定について、相談されることもありますが、
いくらが正しいかなど、正解がないため、誰もが悩んでしまいます。

ただ、注意しなければならないことがあります。
それは、給料を多く支払えば、従業員は満足しているだろうと考えてしまうことです。

ハーツバーグの実証研究によると、
給与については、モチベーションをアップさせるための要素にはならず、
逆に、給与水準が低いと不満要素になるということが実証されました。
このようなモチベーションアップにつながらず、
不満要素になる要因をハーツバーグは衛生要因と言っています。

この理論からすると、給与を多く支払っても、
従業員のモチベーションがアップしないということになります。
もし、給料でモチベーションがアップできないとしたら、
どのようにすれば、従業員のモチベーションをアップさせることができるのでしょうか?

ハーツバーグによれば、仕事の達成であり、自己の成長が認められることが
モチベーションアップにつながると実証しています。
このように従業員のモチベーションをアップさせる要因のことを
ハーツバーグは動機づけ要因と言っています。

この実証が、動機づけ要因でモチベーションをアップさせながら、
衛生要因である不満要素をなくすという考えの基礎を築きました。

私の過去の勤務経験からも、自分の成長ができるような職場環境であれば、
みんなが生き生きと働いていていて、
自発的に自らが率先して働いていたことが記憶に残っています。

ハーツバーグの理論を現場に活用できれば、
会社も大きな成長ができるかもしれませんね。

そんな風に考えると、希望がわいてくるのではないでしょうか?


********************
会社設立をお考えなら
大田原トータル・マネージメント
mailto:webadmin@ootawara.com
TEL:03-5607-1509
税理士・ 行政書士 大田原 幸司
********************

投稿者: 税理士法人大田原会計事務所